株式会社 宮盛
 商品案内 パワーウッド 工場案内 会社概要
 Q&A リンク お問合せ 
商品紹介

新製品純国産ハイブリッド集成材「パワービーム」のご案内

弊社は、このたび杉と唐松の組み合わせによる純国産材の「異樹種複合集成材」(通称名:純国産ハイブリッド集成材、商品名:パワービーム)を開発しました。

国産材の集成材は、平成21年7月に杉の管柱のJASを取得し、同年10月に唐松の管柱と平成23年1月に梁(平角)のJASを取得しております。

今回、杉と唐松のハイブリッド集成材「パワービーム」は、梁、桁角、通し柱等の製品としてJASを平成23年7月に取得し、生産を開始しました。

製品の特徴は、材料がすべて国産の杉と唐松であること、性能面では地域の豊富で良質な杉と、強度の高い唐松との組み合わせによって、同一樹種の欧州材による梁製品と同等の性能(平角E=105、桁角はE=95)、接着剤は水性高分子イソシアネート系樹脂を使用し外観上、接着層が目立たない、強くて従来の製品よりも軽い構造用集成材です。

ハイブリッド集成材は、理論的な構築および実証試験を実施し、組み合わせに必要な材料の選別方法等の難題を解決し、品質基準を確立しております。

また、本製品の接合部耐力試験を第3者機関等で既に終えており、住宅メーカーの設計者、PC工場の構造設計者向けに技術資料も用意し、安心してご採用いただけます。

新製品は、経営的にも秋田県産材をはじめとする政府の2020年までの国産自給率50%の目標設定に対する取り組みの一環でもあり、国産材管柱と梁用純国産ハイブリッド集成材を含めた商品構成を成長させていく方針であり、地域材の活用にも貢献したいと考えています。


営業担当 石井   技術担当 渋谷、吉田
(TEL018-875-2151)

純国産ハイブリッド集成材「パワービーム」

純国産HB集成材

1 仕様
@品名 異等級構成集成材(対称構成)
A断面の種類 小断面、中断面
B樹種 スギ、カラマツによる異樹種複合集成材
C強度等級 E95−F270、E105−F300
D接着性能 使用環境C
E接着剤の種類(積層) 接着剤の種類(積層)
F接着剤の種類(たて継ぎ) 接着剤の種類(積層)
Gホルムアルデヒド放散量 F☆☆☆☆
H寸法の許容誤差 表示寸法と測定寸法の差が下記の数値以下であること。
短辺 +1.5mm -0.5mm
長辺 +1.5mm -0.5mm
材長 ±5.0mm
I含水率 工場出荷時15%以下
J外観 材面の品質2種
K表面仕上げ 四面プレーナー仕上げ
Lその他 集成材の日本農林規格(平成19年9月25日改正)に基づく

2 製品寸法
樹種 接着性能 強度等級 構成 断面サイズ(mmxmm) 長さ(mm)
2,9803,6503,9854,9855,985
スギ

カラマツ
使用環境CE95-F270 対称異等級構成 105×120
120×120
E105-F300 105×150〜450 30mm刻み
120×150〜450 30mm刻み

3 基準強度(平13国交告1024号)
単位:N/mu
強度等級 圧縮 引張 曲げ せん断※2 めり込み※2
Fc Ft Fb Fs Fcv
積層方向※1 幅方向 積層方向 幅方向
E95-F270 21.7 18.9 27.0 20.4 2.7 2.1 6.0
E105-F30023.2 20.2 30.0 21.6
※1 積層方向の曲げ強度Fbは、積層方向の辺長に応じた数値(「集成材の日本農林規格」第5条第1項表3及び表4、下記参照)を乗じた数値とします。
積層方向の辺長
h(mm)
係数
h≦1001.13
100<h≦1501.08
150<h≦2001.05
200<h≦2501.02
250<h≦3001.00
300<h≦4500.96
積層方向、幅方向の図
※2 せん断及びめり込みの基準強度はスギの基準強度とします。