株式会社 宮盛
 商品案内 パワーウッド 工場案内 会社概要
 Q&A リンク お問合せ 
パワーウッド

木よりも強い木、それが構造用集成材
集成管柱・集成平角
宮盛の構造用集成材パワーウッド
 柱、梁、桁、主として構造物の耐力部材として使用されます。住宅はもちろん、体育館、集会場、展示場などに。強度性能、耐火性能、耐久性等を求められる建物にはエンジニアリング・ウッドとして欠かせない部材となりました。化粧ばり構造用集成柱とともに国土交通省告示に基づき材料強度が定められております。
構造用集成材の特徴
1.寸法精度が高く狂いが少ない。

 生きものである木は50%〜200%の水分を含んでいるため、乾燥が不十分だと強度低下、反り、割れを生じてしまいます。そのため集成材用の木材は含水率を15%以下にまで落として、反り・割れを防ぎ、強度アップを図っています。
 
2.天然木と比べ強度性能が安定。

 天然木には大節、割れなどの欠点があります。集成材はそれらの欠点を除いたうえ、積層することにより品質を均一化し、強度性能を高めました。特に建築基準法が性能規定化されるに伴い、強度性能が表示でき、かつ保証される構造用集成材は信頼の高い部材です。


3.鉄、コンクリートより強く建物の軽量化が可能。

 木材の力学的性質のうち、単位重量当たりの強度を比較するとスギと鉄では約4倍、コンクリートでは約5倍の差があります。

4.裏面は焦げても、炭化層が燃焼をストップ。

 構造用集成材のように断面の大きな木材は、表面が焦げても炭化層が酸素の供給を遮断し、1000℃以上になっても燃えにくくします。ちなみに炭化層の熱伝導率は炭化層になる前の半分か3分の1です。つまり木造建築物は崩れるのに時間がかかるのに対し、鉄ではいくら断面を大きくしても1000℃でグニャリと軟化します。

5.断熱性に優れ、調湿能力は抜群。

 木材は建築材料として日本の気候風土に最も適しているといえます。断熱性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かく、湿度の高い梅雨は水分を吸収してくれる理想的な住まいを提供してくれます。熱伝導率は鉄の200分の1、コンクリートの4分の1の低さであり、調湿能力は3mの10cm角の柱1本で一升ビン1本分を出し入れできるといわれており、結露を防ぎます。
 
6.調湿能力のある集成材。

 木は呼吸する材料といわれます。それは木材の中の気泡が、空気中の水分を吸ったり吐いたりして自然に室内の乾湿を調整しているからです。夏の梅雨期には空気中の水分を吸収して蓄え、逆に冬の乾燥期には蓄えた水分を空気中に放出するという調湿機能を持っています。ですから、木の建物はいつも快適環境を維持できるのです。
   
7.木は耐薬品性が高く、酸性やアルカリ性にも強い。

 酸性雨や酸性霧などの酸性に強く、しかもアルカリ性の塩害にも強いことから、その用途はさらに広がりつつあります。
   
8.耳や目にやわらかな素材。

 木材は人間の可聴範囲の中で不快感を伴う高音部と低音部を吸収する働きがあり、程よい音響空間をつくります。また木材の有するやわらかさは心を落ち着かせてくれます。
9.ノンホルマリン。

 標準タイプでは、水性高分子―イソシアネート系接着剤を使用、ノンホルマリンですから安心してご利用いただけます。


製品の基準強度
(平成20年2月8日 国土交通省告示第1024号より)

対称異等級構成構造用集成材(梁用)
樹種 強度等級 基準強度(N/mm2
圧縮 引張り 曲げ せん断 めり込み
スプルース E105-F300 23.2 20.2 30.0 3.0 6.0

同一等級構成構造用集成材(柱用)
樹種 強度等級 基準強度(N/mm2
圧縮 引張り 曲げ せん断 めり込み

スプルース

E95-F315 26.0 22.7 31.5 3.0 6.0
オウシュウ
アカマツ

長期許容応力度(N/mm2 上記の数値に1.1/3を乗じた数値
短期許容応力度(N/mm2 上記の数値に2/3を乗じた数値
 

JAS集成材品(強度)解説

強度等級
(例)E105-F300
E;曲げヤング係数
  左図のように荷重をかけた時の集成材のたわみにくさの指標となるもので、たわみが小さいほど、曲げヤング係数は大きくなります。建物の構造計算に利用します。
F;曲げ強度
荷重を増やし続けると、やがて集成材の破壊が起こります。曲げ強度はその破壊強さを示したものです。破壊時の荷重が大きいほど強度は大きくなります。建物の構造計算に利用します。